いつも眠たい

bed is heaven

じいちゃんがしんだ

 

あまりに突然で、じいちゃんの選択によるものだった

 

空は晴れていて、いつも通りの道順でじいちゃんちに向かって、空は晴れているし花は色彩が濃くて生き生きと咲いていた

 

警察が神妙な面持ちでばあちゃんとお父さんに話しかけている

 

若そうで、同い年くらいの女の刑事さんだった

 

医者が来て死亡確認をして

推定時刻は昨晩の10時ごろらしい

 

倉庫からは私がマルタで買ってきたグラスと、お母さんがバレンタインにあげた金箔入りの飲みかけのお酒が出てきた

 

見た瞬間、なんだよそれ、じいちゃんって思った

 

こんなさいご、ないじゃんか

 

楽しかったじゃんいままで

毎年手作りのバレンタインあげてたし、正月はじいちゃんが買ってきたカニ食べて笑って、ばあちゃんのご馳走を褒めてさ

 

なんて賢い死に方なんだろうって思ったよ

でも残された方は悲しくてさみしくて話したくて

 

もうどんな事言ったって戻ってこない

死ぬなとはいわないよ

それが希望なんならね。

でも死ぬのなら、せめてありがとうって伝えたかった

こっちとしてはね。全部こっちサイドの話なんだけど

 

お父さんは前日に会ってた

お父さんは自分を責めているはずだ

異変がなかったんだから仕方ないけど絶対責めているはずだ

 

青天の霹靂とか、寝耳に水とか、そんな感じだ

 

天候と、過ごしやすさと、死のコントラストが強すぎてかけ離れすぎていてこの世が美しくみえてしまった

 

普段は流れていく景色なのに、草木も花もいまを生きている様子がひしひしと伝わってくる

 

博識で、つまらないギャグ飛ばして、ばあちゃんを褒めて、悪口を言わない

ただ寝たきりにはなりたくないという強い信念は常々聞かされていた

どうせ世話になるもんなのになって思ってたけど、実際に行動に移すとはね。

 

衝動的だったのかな

多方面への手紙とかあって、本当に計画性を感じだけど

 

この空虚な気持ちはどこへ向かえばいいのか

 

日常はやってくるし、それに乗っていかなきゃいけないのはなんてキツイんだろう

 

もう誰も、自分で自分をあやめることなんてしてほしくない

 

またそんな出来事が起きたら、私はこの先生きていける自信がない

とっても今更だけど

31日、透ちゃんと横浜へ。

数日前に予約した夜の工場夜景クルーズと、カウントダウンのためです。

 

夕方はまずスカイガーデンに行って、夕暮れをみながら手帳に来年の目標を書きました。

 

2人でなんやかんや話しながら書いて、完成!

 

透ちゃんの手帳に私のことは書いてなくて、なんか書いてよ!と話してもはぐらかすような感じ…

 

どう考えてるのか分からないまま、手帳を閉じホテルのビュッフェ。

色々食べて、おいしかったなん!

 

一旦お部屋に戻って、夜景見たり写真撮ったりして、赤れんが方面へ向かう。

 

偶然サスケのファイナルステージがやってて、ずっと見てたかったけど船あるから見れず残念!

 

22時ごろから並んで、船に乗ってどんどん遠くなる横浜の景色。

徐々に工場が増えてくる。

明るく照らされてて、工場の造形と煙はワクワクした。

 

ずっとデッキで見てたけど寒くなってきたから室内に移動したのにすぐに上あがろうっていう透ちゃんの謎のスパルタ感…!

 

めちゃめちゃ冬を感じながら、観覧車をみてカウントダウン!

明けましておめでとう〜!と年明けて、透ちゃんはすぐに私に印鑑のようなものを渡してくる…。

 

ん?誰かの形見?なんだ?

と思ってたら適当な紙も渡されて押してみて、と。

 

押してみたら「谷口舞果」でした!!!

結婚してくださいと言われ、考える間もなく了承、すごいことが起きたと思ったら目から涙。

 

帰りはルンルンでホテルまで戻った。

 

出会ってから十ヶ月ちょっとで夫と妻になるなんて、思ってもみなかったし、私がプロポーズをされるとも思ってなかった…!

 

1日は起きて朝ビュッフェして初詣行って、本屋さんでゼクシィを購入し帰宅!

 

ゼクシィを買う日が来るなんてと思いながら初めて中を読んで、貯金の必要性を強く感じました。笑

 

 

そしておととい(2/2)は吉川に行ってうちの家族とごはん。

切り出すまで時間がかかったし父も透ちゃんもどっちも酔っ払ってたけど、最後はちゃんと話。

 

みんな照れたような、幸せな顔をしてたし、私は私でいままで守られて生きてきたんだなと感じたし、泣きそうで仕方なかったけどがまんしました。

 

夜帰って寝る前は涙がこみ上げてきて、嬉し泣きをしてしまった。

嬉し泣きでこんなに泣くのは初めてで、不思議な気分だった。

 

透ちゃんは、まいかの家族まで幸せにできたらいいなと話してたけど、もう十分幸せもらってるんだけどね^^うれしかった

 

 

愛で溢れてて、こんな幸せを知ることができてよかったなと心から思った。

 

 

ハンバーグ作って、仕事で帰り遅い透ちゃんを待ってたら既に少し食べちゃったらしく、あんなもん食わなきゃよかったーってなってるのかわあ